群馬県のミニ観察会で1 シダ  2014年04月20日

群馬県のすみれを見せていただいた時に 他のも少し写してきました。
その中から シダ

先日富士山周辺で大きいシダのウラジロを見たのですが

今回は小さなシダのミヤマウラジロというそうです。
ミヤマウラジロ

粉をふいたようについてて やわらかそうな
ミヤマウラジロ

裏はもっとで 砂糖をまぶしたみたいでおいしそう
ミヤマウラジロ


ミヤマウラジロ


もうひとつウラジロ
ヒメウラジロというそうです。これも小さくて可愛いシダでした。
ヒメウラジロ

丸まった葉がだんだん開いていく段階が見られました。
ヒメウラジロ

ヒメウラジロ

裏は白 やっぱりウラジロ〜
ヒメウラジロ

ソーラスが縁どりについていておしゃれです。
ヒメウラジロ



これは何かなと思って 友人に聞いたら ジュウモンジシダだそうです。
ジュウモンジシダ
言われてみれば そんな感じ。十文字になってないとわからないですね〜(^_^;)



キンモウワラビ
キンモウワラビ

鱗片の輝くふさふさがポイントらしいです。
キンモウワラビ

posted by vol at 09:13 | Comment(0) | 植物:群馬県で | e r
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

すみれ想>はじっこノート