秋田県のはじっこで シダ  2013年06月22日

いま岩手県のはじっこに滞在中ですが
高校時代の友人と秋田県のはじっこの山に行ってきました。
こう言ったらどこの山かわかりますね(^^ゞ

すみれが目的でしたが 他の花も撮ったので少しメモします。

最初は一種類だけ撮ったシダ

山を下る途中で きり絵のように隙間がきれいなシダがあったので撮影
130621174.jpg

葉の形が分かるのを探して
130621178.jpg

最下羽片
130621177.jpg

途中
130621178s.jpg
中軸と羽軸に溝があります

他の葉の溝
130621168.jpg


裏の様子が面白そうだったのでいろいろトリミング

中軸の褐色の鱗片に袋状のものがついている
130621175s2.jpg

羽軸にも同じように袋状の鱗片
130621170.jpg

小羽片の葉脈にもあるような・・・
130621175s.jpg
包膜はソーラスよりずいぶん大きいみたい

羽片の先のほうに白いのがが密集
130621172.jpg

葉軸下部の鱗片を撮ろうと思ったらピントが合ってなかった(~_~;)
130621173.jpg

・・・で 名前は?
特徴的なのですぐわかるかと思ったんですが
袋がついた鱗片だから イタチシダの仲間?と思ってさがしたけれど よくわかりませんでした。
ひとまず降参(^^ゞ

追記:コメントで佐藤さまよりシノブカグマではないかと教えて頂き、光田先生より確認して頂きました。ありがとうございました。


実家のパソコンにマウスがないしネットが思うようにいかないので手間がかかってます。
他の花は後日に続きます。

posted by vol at 21:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 植物:秋田県で | e r
この記事へのコメント
山形県の佐藤淳です.
これはシノブカグマでしょう.
カナワラビ属の中でもリョウメンシダ以上に温帯性で,けっこう高いところに多いですね.私の住む市では低山帯にもまれにあります.
葉柄や中軸に鱗片が多く,葉の形も「みっちり」と密な感じで姿の良いシダですね.カナワラビ属のなかでは最もかけ離れたものらしいです(S. Lehtonen 2011 の系統樹による).
Posted by 佐藤 淳 at 2013年06月23日 06:21
佐藤さまへ
ご訪問ありがとうございます。
シノブカグマですか
ありがとうございます!!!
小羽片に白い袋状のが みつからなくて 降参してましたが、改めて図鑑を見てみたら小羽片の様子やソーラスのつき方など 成る程 と思いました。
もう少し葉がびっしりになるんでしょうか。
いい名前ですね~!
Posted by vol at 2013年06月23日 11:06
新しい記事をアップされていたのに、気づきませんでした。
そう、これはシノブカグマで問題ありません。カグマは方言でシダを指す言葉。でも、シノブよりはずいぶんどっしりした感じですね。
Posted by 光田 重幸 at 2013年06月26日 14:08
光田先生へ
シノブカグマ 太鼓判 ありがとうございます!♪
シノブのような切れ込みがあるっていうことなんでしょうか。
下山途中で目についたので 友人に葉を持ってもらって裏を撮ったのですが なかなかピントが(^_^;)
バスにタッチの差で間に合いませんでした。。。
シダをあらわす言葉 いろいろあるんですね。
特定の種類をあらわすんでしょうか。
Posted by vol at 2013年06月26日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104452904

この記事へのトラックバック

すみれ想>はじっこノート