センニチノゲイトウなど  2017年03月26日

今月半ば、高校時代からの友人のお誘いで 思い切って小笠原に行ってきました。
天候の関係で母島に行けず 父島だけなので、外来種が多いですが 初めてのが多く、メモしておきます。
ガイドツアーを頼まないと山には入れず 他の方も一緒になるので 合間にちょっと撮影。やっぱり失敗ばっかりでした(^_^;)

まずは港で見た外来種の中から。

父島で(1)

センニチノゲイトウ
ブラジル原産 ヒユ科
170313016sennitinogeito.jpg

花穂は5cmぐらいらしい
170313038sennitinogeito.jpg

これで咲いてるのかなあ
170313040sennitinogeito.jpg

葉は毛深いけれどすこしてかっている感じ
170313011sennitinogeito.jpg

アカバナルリハコベ(サクラソウ科)と一緒
170313053akabanarurihakobe-sennitinogeitou.jpg
ルリハコベ(ヨーロッパ原産)の赤橙色のものをアカバナルリハコベというらしい

コメツブウマゴヤシ(マメ科 ヨーロッパ原産)の絨毯が平地によく見られました。
170313104kometubuumagoyasi.jpg

コバナムラサキムカシヨモギ(キク科 外来?)かな
170313062kobanamurasakimukasiyomogi.jpg

170313065kobanamurasakimukasiyomogi.jpg

コバナムラサキムカシヨモギ(右)とウスベニニガナ(左)
170316015usubeninigana-kobanamurasaki.jpg

上から見てみました。
170316007usubeninigana.jpg

葉は茎を抱いています。
170316004usubeninigana.jpg

オオコゴメスナビキソウ(ムラサキ科 北アメリカ原産)
170313042ookogomesunabikiso.jpg
タコノアシみたいに花穂がくるんとなっていました。

別の画像をトリミング
170313044ookogomesunabikiso.jpg

チリメンナガボソウ(南アメリカ原産 クマツヅラ科)
ホナガソウと呼ばれていました。
170313126tirimennnagabosou_honagasou.jpg

170313142honagasou.jpg

下から上へ咲いていくそうです。
170313136honagasou.jpg

170313131honagasou.jpg

さいたまのはじっこで一株だけ見たことがあるシマニシキソウ(トウダイグサ科 熱帯アメリカ原産)
本場の方が綺麗な気がしました。
170313092simanisikisou.jpg

170315001simanisikisou.jpg
シマニシキソウでいいのかなあ

170313094simanisikisou.jpg

歩道の隙間にいたニシキソウの仲間
全体に明るい緑色でした。
170314208nisikisouzoku-midori.jpg

170314209nisikisouzoku-midori.jpg

果実をトリミング
170314212nisikisouzoku-midori.jpg

赤みのあるのもあって別物の感じがしたのですが⁇
170314210nisikisouzoku-aka.jpg

170314210nisikisouzoku-akas.jpg

170314211nisikisouzoku-aka.jpg

色が違うだけのような気がしてきました。
何ニシキソウでしょうか

まだ続きます。


posted by vol at 22:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物:東京都で | e r
この記事へのコメント
随分、遠出されたんですね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
チリメンナガボソウ
可愛いちゃんですね。
Posted by maru at 2017年03月30日 21:57
友人のおかげで思いがけない旅ができました。東京都なのに遠かった〜!!
チリメンナガボソウ エレベーターみたいに花が登っていく感じでしょうか^^
Posted by vol at 2017年03月31日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179213555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

すみれ想>はじっこノート