コウヤコケシノブなど  2017年07月05日

5月中旬の屋久島で(その13)

山道でコケのようにびっしりと着生した小さいシダがありました。
170517104koyakokesinobu-gun.jpg

コウヤコケシノブ(コケシノブ科コケシノブ属)
170517104koyakokesinobu-guns.jpg

先のほうにソーラスが付いていますです。
170517105koyakokesinobu-ha.jpg

葉の縁に鋸歯があります。裏の脈沿いに毛が
170517109koyakokesinobu-ura.jpg

170517111koyakokesinobu-ha.jpg

ソーラスは裂片の先について 包膜の先にも鋸歯があるようです。
170517117koyakokesinobu-saki.jpg
包膜は2枚あわさっています。

こちらは胞子がはじけたようで。かぱっと開いていました。
170517121koyakoksiesinobu-housinou.jpg

宮城県にも分布してますが見ていませんでした。


次の日別のところで見たこれもコウヤコケシノブ?
170518032kouyakana.jpg

鋸歯はあるようです。
170518034kouyakana.jpg

ピントが合った画像がありません(^_^;)
170518037kouyakana-uhen.jpg

木に着生していて光に透けて見えるのがありました。
170518038kouyakana-kini.jpg

ソーラスは付いていませんが 縁が鋸歯があるのでコウヤコケシノブでいいのかな。
170518038kouyakana-kinis.jpg

***************

ツルホラゴケ(コケシノブ 科ハイホラゴケ属)は根茎が長く這って左右に葉を広げるそうです。
170519063turuhoragoke-gun.jpg

栄養葉は単羽状、胞子葉は2回羽状だそうですが 画像ではよくわかりません。
170519063turuhoragoke-guns.jpg

胞子葉? 裏を撮っていませんでした。
170519064turuhoragoke-ha.jpg

*************

別の科ですが もう一種着生のシダ
キクシノブ(シノブ 科シノブ属)かと
170519086kikusinobu-gun.jpg

かわいい形です。
170519090kikusinobu-ha.jpg

小さくてかわいいからまだソーラスは付いてないのかと思ったら ちゃんとついていました。
端に
170519089kikusinobu-sorus.jpg

根茎は褐色の鱗片で覆われているそうなので トリミングしてみましたが ぼけすぎ。
170519091kikusinobu-konkei.jpg

まだまだシダが続きます。

posted by vol at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物:鹿児島県で | e r
この記事へのコメント
volさん、こんばんは
私もコウヤコケシノブをたくさん撮っていました。長崎にはコウヤコケシノブはたくさんあるのに…なぜか…(^^ゞ
屋久島マジック?
Posted by Panda at 2017年07月10日 05:05
pandaさん
こんにちは〜
長崎にはたくさんあるんですね。
私は見たこと無いのばっかりで でも後で考えたら九州で見たらしい というのもあったけれど ぜんぜん覚えてなくて^^;
なるほど〜屋久島マジック!!!
屋久島はいっぱいありすぎて pandaさんたちはご存知でも わたしにははじめてのばっかりで どれをとったらいいかわかりませんでした。撮ったのもよくわからないけど(^_^;)
Posted by vol at 2017年07月10日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180256105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

すみれ想>はじっこノート