沼のほとりで1  2017年07月22日

7月15日のことですが
いつもの沼に久しぶりに行ってみました。

花はあまりなくてカヤツリグサ科とかイネ科の大きいのが目につきます。
草漕ぎしながら撮ったのを少し

アゼナルコがたくさん
170715200azenaruko-gun.jpg


黒くなってるけど・・・
170715079azenaruko-hoyo.jpg

まだ黒くないのを見てみました。
170715071azenaruko-kasui.jpg
これは小穂が5個ついてて頂小穂は元の方に雄花、先の方に雌花がついています。
花は終わって果実になっていました。

こっちは小穂が4個だったかも
170715074azenaruko-tyosyoho.jpg

白いのは鱗片?
170715078azenaruko-mebana.jpg

雌花の鱗片の先のノギがギザギザしているそうなので もっと分かりやすいのをトリミングしてみました。
170715071azenaruko-mebana-nogi.jpg


もっと進むとエゾミソハギとタコノアシの林を漕いでいきます。
170715132ezomisohagi-tako.jpg

170715127ezomisohagi.jpg


通り道の真ん中にジョウロウスゲがいたので
170715120jourousuge-gun.jpg

あちこちにたくさんいます。
ミコシガヤとツーショット
170715125jourousuge-mikosigayato.jpg

頂小穂は雄性で側小穂が雄性で数個ついています。
170715098jourousuge-ho.jpg

頂小穂は雄花の下や途中に雌花がついているのが多かったです。
170715121jourousuge-ho.jpg

170715116jourousuge-o.jpg

あれ?
170715096jourousuge-ha.jpg

これなんか雄花がないんじゃないかと思うくらい。
170715097jourousuge-onai.jpg
ジョウロウスゲってこういうのなのか心配になってネットでおたずねしたら「側小穂が雄雌性となるのはスゲ属ではよく見られる変異です。」と教えていただきました。

果胞の先は二つに分かれていて反り返っています。
真ん中に見える白いのは柱頭??
170715100jourousuge-mebana.jpg


170715105jourousuge-me.jpg

頑丈そうな葉っぱです。
170715113jourousuge-ha.jpg

一応根元の方も撮ってみました。
葉鞘だけのがあるらしい。
170715107jourousuge-sita.jpg

2へ続きます。


posted by vol at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物:宮城県で | e r
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180418997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

すみれ想>はじっこノート