神奈川県で花散歩(3)  2018年06月12日

5月末の神奈川県で 続きです。

ノイバラとヤブデマリが一緒に
180530002noibara-yabudemari.jpg

180530003noibara.jpg
バラ科バラ属で ふつうにみられる花ですが 好感の持てる花^^
180530011noibara.jpg


沼のほとりに居たバラ科 サンショウバラ
箱根・富士方面にに自生しているバラ属で別名ハコネバラというそうです。
友人が花を探していました。
180529141sansyobara.jpg
一つ発見 萼がとげとげで 果実がどんなに刺があるか想像できそうです。
180529295sansyobara.jpg
その先に大きな木が でも花は少なそうです。
180529298sansyobara.jpg
そしてさらにその先にたくさん花を咲かせた木がありました!
ずいぶん大きな木になるんですね。
180529300sansyobara.jpg
花は薄ピンクで大きく直径6〜7cmありそうでした。
180529313sansyobara.jpg
つぼみはもっと赤い色で咲くと薄くなるようです。
1・2日で散るらしい
180530001sansyobara.jpg
葉は奇数羽状複葉
180529315sansyobara-ha.jpg
幹は皮の下は赤っぽいです
180529316sansyobara-miki.jpg


バラ科ついでにコバノフユイチゴ
キイチゴ属で地面を這っています。
180529261kobanohuyuitigo.jpg
花が咲いていました。
180529260kobanohuyuitigo.jpg

葉っぱだけのバライチゴ 花はこれから?
180529158baraitigo.jpg


コゴメウツギ(コゴメウツギ属)
180529010kogomeutugi.jpg
ウツギとつくけど 木はつまっているらしい
短い花びらのようなのは萼だそうです
180529013kogomeutugi.jpg

ミツバウツギ科のミツバウツギ
180529014mitubautugi.jpg
みんなつぼみのように見えるけど
180529015mitubautugi.jpg
開いてもこんな感じ
180529017mitubautugi.jpg


アジサイ科 マルバウツギ
橋の上から見えたので トリミングしても葉の様子がよく見えない
180530032marubautugi.jpg


ニシキウツギ(スイカズラ科タニウツギ属)が各地でよく見られました。
180530045nisikiutugi.jpg
ハコネウツギなのかと思ったら 花が白ではなく黄色を帯びていました。
180530043nisikiutugi.jpg
写真に撮ったら白っぽくなったけど たぶんハコネウツギ
180530045nisikiutugis.jpg
葉の裏の脈状に毛があるらしい そんなの撮っていませんでした。

ニシキウツギとノイバラ
180530047nisikiutugi-noibara.jpg


スイカズラが白から黄色じゃなく ピンクから黄色になっていました。
180530049suikazura.jpg
きれいなピンクです。
180530058suikazura.jpg
花弁の裏側が色がついているんですね
180530053suikazura.jpg


イボタノキ(モクセイ科)
180530014ibotanoki.jpg
可愛いい葉っぱです。

まだ続く予定

posted by vol at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物:神奈川県で | e r
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183530479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

すみれ想>はじっこノート