レンゲショウマの所へ  2019年08月19日

近めのレンゲショウマがある山へ行ってみた
大型工事車が通るため林道のわきが伐採などをされたので残ってるかなと思ったけど 全滅はしていなかった
190819001rengesyoma.jpg

190819005rengesyoma.jpg

アメリカオニアザミの 大きなモフモフがあった
190819024amerikaoniazami.jpg

ひろい萱の原にもぐりこむと
190819032susukihara.jpg

オオナンバンギセルがたくさんみつかるけれど あまりきれいなのがなかった
190819037oonanbangiseru.jpg

林道わきに 桐かな?
190819039kiri.jpg

posted by vol at 22:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物:宮城県で | e r
この記事へのコメント
アザミにモフモフ?
可愛いなぁ!
ナンバンギセル、おじいさんをおもいだしました。

名前の由来を考えていたら、マッカーサーのあのパイプかなぁ?と、思ったんだけど、アレとは違う、もっと丸みを帯びたキセルかな?
葉巻の?
Posted by maru at 2019年09月21日 06:10
maruさん
もふもふは種を飛ばす綿毛です。爆発してました(^o^;)
ナンバンギセルはマドロスパイプでしょうか〜
完璧にきれいなのがなかなか見つかりませんでした。
Posted by vol at 2019年09月22日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186549879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

すみれ想>はじっこノート