アオノクマタケランなど  2019年06月04日

屋久島の海岸と近くの林縁で
これもあれもはじっこエリアで見たことがなく 同行の友人に教えてもらって撮影

グンバイヒルガオ
以前も他の島で撮ったけれど花が咲いていたので
190602097gunbaihirugao.jpg

ほんとに軍配^^
190602101gunbaihirugao.jpg
分布:四国、九州、沖縄


イソフサギ
海岸の岩場で。葉っぱがびっしり
190602116isohusagi.jpg

花はなかった
190602122isohusagi.jpg


海岸の植物はまだあるけれど後に回して その近くの遊歩道らしいところに入り込み林縁の植物を少し

キンギンナスビ
熱帯アメリカ原産で関東南部以西に帰化
だそうだけど見たことがないので雨の中撮影
190602132kinginnasubi.jpg

葉っぱの表の主脈上に大きい刺!
190602134kinginnasubi.jpg

裏にも痛そうな刺
190602141kinginnasubi.jpg

茎にも刺
190602135kinginnasubi.jpg

果実は熟すと赤くなるらしい
190602136kinginnasubi.jpg

ワルナスビはよく見るけれど キンギンナスビは花の色が違って白い
190602139kinginnasubi.jpg


ツクシメナモミ
190602163tukusimenamomi.jpg
上部の枝(茎)が次々と二股に分かれていくらしい(pandaさんより

190602157tukusimenamomi.jpg

二つに分かれて伸びていく
190602164tukusimenamomi.jpg

190602164tukusimenamomis.jpg
これも関東南部以南に分布で 宮城県のはじっこエリアでは見てない


アオノクマタケラン(ショウガ科ハナミヨウガ属 伊豆諸島、四国、九州、沖縄)
190602174aonokumatakeran.jpg
雨でピカピカだけれど実際も光沢があるらしい

190602173aonokumatakeran.jpg

花茎が直立
190602367aonokumatakeran.jpg

一つの側枝に3〜4個の花をつける
190602171aonokumatakeran.jpg

唇弁がおしゃれ。これは蝶ネクタイしているように見える
190602170aonokumatakeran.jpg


ボチョウジ(アカネ科 屋久島以南)
190602176botyoji.jpg

190602179botyoji.jpg

花一個発見
190602178botyoji.jpg

190602177botyoji.jpg

posted by vol at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物:鹿児島県で | e r
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186556557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

すみれ想>はじっこノート